きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お出かけ

07182009
着物姿をたまに見せてくださいと、メールをくださった方がいたので(Mさん、ありがとうございます♪嬉しかったです!)、久しぶりに載せてみます。とはいえ、帰ってきてから撮ったので、ぐっしょりのぐずぐずですが。。

今日も本当に蒸し暑かったですねお天気も変わりやすい気がしたので、麻にしました。
お下がり地味地味の麻ですが、やっぱり涼しい。藍色の麻の半幅帯で、全体に地味なので、根付に赤の金魚を。着物の下はうそつき襦袢。ただ、麻100%って、裾が足首のあたりですれて痛い(^^;)。

午後、このまま車を運転したら、冷房をつけたら、強風になってて、おもいきり風が袖口から入って、そのまま背中に冷たい風が届いて、気持ちよかった。さすが着物だ…こういうことなんだと、思いました(笑)。
ま~真夏に自然に冷たい強風が袖口から入ってくるなんて、ありえませんが、構造としては、袖から入った風は背中に抜けていくから、着物は言うほど暑くないんです。

今日は花火大会があったんですね~。朝から浴衣姿の女の子をたくさん見かけました。でも、時々、お直しおばさんになりそうになるのをガマンしたりも(笑)。男性みたいな衣紋になってたり、丈が膝下5cmくらいになってたり(あれはわざとだったんだろうか??)、ひっかけタイプの帯が斜めってたり。。でも、浴衣を着てくれるだけで嬉しいです。
スポンサーサイト

『春先きもの日和』@江戸東京たてもの園

poster032008さて、毎年恒例になりました『春先きもの日和』@江戸東京たてもの園です。こういうイベントが定着して、少しでも楽しく着物を着て出かけられる機会があるのは嬉しいですね。江戸東京たてもの園は、本当に着物が似合う場所です。少しずつ春めいてきて、着物でお出かけするのも気持ちが良い季節になってきました。お友達や家族で着物を着てお出かけると、楽しいです。お散歩がてら・・ぜひお出かけしてみてください。


今年も盛りだくさんな内容です。
第1回の時は、トークショーなどさせていただきましたが、今年はちょうど都合が合わず行けそうにもなくて残念・・。個人的に、私のオススメは・・・

*昔キモノの店
リサイクル、アンティーク着物の販売。なかなか掘り出し物があって、楽しいです。

*レトロ写真館で撮影会
特に家族で撮ると、昔の時代の写真みたいで楽しいんです。

*昔キモノを着てみましょう
洋服で出かけた人も、着付けサービスで着物で

子宝湯の寄席や居酒屋鍵屋も雰囲気たっぷりでオススメです。
あ、お茶会も素敵ですよ。

---------------------------------------
「春先キモノ日和」
開催日:2008年3月22日(土)・23日(日)
開催時間:11:00~16:30
場所:江戸東京たてもの園
※開園時間は9:30~17:30(入園は17:00まで)
着物で来園すると入場料2割引

三重物産展

10212007三越でわが故郷、三重物産展があると聞いてお出かけしました。

行く途中の駅で、はたと帯を見たら・・・(;゚д゚)ェ..

はらっと帯締めがゆるむじゃありませんかっ!!

びっくりして、とっさにお太鼓を押さえます。
ここで帯締めが落ちてきたからと帯締めを抑えていちゃ~手遅れになります。ゆるんだら、まずお太鼓ですよ、お太鼓・・。

お太鼓を押さえて、横歩きで駅のすみっこへ移動。椅子があればよかったんですが、見当たらず立ったまま、お太鼓を壁に押し当て、帯締めを締めなおし万事きゅ~~す。そんなに帯締めがゆるかったのかなぁ~。

こんなこと着物を着始めた頃以来のことです。
まだ着物を自分で着て出かけて2回目くらいのころ、でかけた先ではらりとお太鼓が落ちたことがありますっ。生きた心地しませんでした。そのときは、帯締めを通すところが間違っていたみたいなんですが(汗)。皆さん、気をつけましょう~。

・・ま、そんなことで何とかそのまま電車に乗り、銀座へ。
三越の7階と聞いていたのであがっていくと、銀座三越の催事場は8階、しかもなぜか男のスーツの催事をやっていて・・・あれ?三重県はどこ???

もう一度、よくメールを見ると・・・なんと、日本橋三越(@o@)。
メールちゃんと見ていたはずなのに、なんて、おばか。
銀座から日本橋へ移動。はぁ~ホント、大丈夫か、自分。

最近、自分のボケっぷりに驚きます。。


今日は温かでしたね。陽のあたるところはポカポカしてました。
黒地に赤白の十字絣の紬に黄八の帯。帯留めは花詩歌さんの陶器の菊。
でも、そろそろ道行きを着ている人も見かけますね。秋も深まってきたってことですね♪寒くなるのはゆっくりでお願いしたい・・です。

初・明治座

04222007お友達のお友達が出演しているということでお誘いいただいて、初の明治座『忠臣蔵』でした。

赤の万筋縞に豆千代モダンの帯で。

最近、歌舞伎ばかりなので、女形じゃない女性が演じる時代物を観るのは初めてかも??すごい・・ホントの女性だ・・とバカなことを考えたり、去年暮れ、年始と歌舞伎で『忠臣蔵』三昧な私としては、『しかし、日本人は本当に<忠臣蔵>が好きなんだなぁ~』と思いつつ、観劇。・・・いわゆる大御所勢ぞろいな芝居でして、こういう芝居も初めてでかなり・・驚きました。『三田!』『松平!』とか大向こう(?)がかかるんですよ~。『え?呼び捨てなんすか!?』とドキドキしてしまいました(笑)。

また売店が驚きでしたね~。『横さまグッズ』とか書いてあって・・誰!?横さまって!!劇場入り口には等身大のマツケンがいたり・・そこにおばさま方が群がってマツケンと記念撮影・・・どこかで見たことがある光景。私もどこかで誰かの等身大と記念撮影したっけ(爆)。いくつになっても恋する女はいいもんです。

04222007b
さて、お土産に手ぬぐい。さて、これは誰の手ぬぐいでしょ~~~。

ランチ

02282007今日は久しぶりに会ったお友達とランチ。子どものこと、仕事のこと、いろいろ話ができて楽しかった。お腹も心も大満足。

着物は渋い縞の紬、手づくり半幅帯。半衿は肌色の麻の葉模様。
ご近所コーデですね(笑)。


気がつくと、2月も終わり。
今年は本当に冬があったような、なかったような・・と言ううちに3月ですね。

イベントまであと2日。
各ショップさんのご好意で賞品がぞくぞく届いてます。
今日も可愛い帯留や器が届いてます。
いや~かるた大会参加者は、はずれなしかもよ♪

遊んで~

02012007b仕事をしていると、チッチがやってきてキーボードを打つ指をちょんちょんつっついて、このように『遊ぼうよ~』と見つめます。そんな可愛い目で見つめられると・・つい遊んでしまいます。

なぜかデジカメを向けると”かたまります”。
魂を取られてしまうんでしょうか(笑)。

男の子だとばかり思っていたら、実は女の子でした。
うちの次女・・です。長女は最近”おねえちゃん”と呼ばれています。
親バカだか、鳥バカだか・・わかりませんが、二人とも可愛い娘です(爆)。


02012007a今日もわりと温かい日だったので大島紬と伊勢型紙の染帯。

ホント、この時期、大島だと寒い気がするんですが、まったく問題なし。軽めのコートを着ましたが、羽織でも十分でしたね。温暖化を肌で感じる今日この頃です。

この染帯は意外に合わせる着物が難しくて、なかなか出番がないのですが、この帯が締めたいがために着物はコレになりました。もぉ~髪が伸びてきた・・(>o<)。

あ、実は今日は歌舞伎座初日でございました。
感想は後日。

新年会

01282007a  01282007b
本当に温かい日が続いていますね。ここのところ町行く着物美人たちも皆、道行。確かに・・昼間はコートは暑いくらいです。そこで私には珍しく道行を着てみました。ホント、ちょうどよいくらいでした。

この日は新年会でした。
なんとなく、地味渋系で行こうかな・・と思い、こげ茶の江戸小紋に染帯。珍しく古布の柄半衿で。

野田MAP『ロープ』1/16

01162007家族で渋谷のコクーンで野田MAP『ロープ』観てきました。今日は花模様の紬に格子の帯です。劇場では着物人口ひとりでした。小学生人口もひとりでした(笑)。

宮沢りえちゃん、藤原竜也くんはじめ、新感染@演舞場にいないなぁ~と思ったら、こっちに出ていた橋本じゅんさん(笑)、渡辺えり子さんなどなど、ノンストップ(休憩なし)見ごたえある舞台でした。

言葉遊びをさせたら天才的な野田さんの脚本は、今回も深~い深~いものがあり、終わってからしばらくは無口になって考えこんでしまいます。でも、<言葉>をこんなに自由自在に操れるのは野田さんならでは、無口になりながら感動するんです。表現する楽しさ、難しさ、奥深さをいつも感じさせてくれるので、やっぱり野田さんの芝居は欠かせません。今年はまた春すぎに舞台があるらしいので、また家族で行くことでしょう。

しかし・・今回は動きが少なかったなぁ~(笑)。

11/30 横浜へ

11302006そういえば、妹は着付け師(?)というか着付アシスタント(?)だ・・ということをいつも忘れてしまいます。七五三や成人式や卒業式に着付けをする仕事をします。季節労働者だからか、普段は着物を着ていないからか、彼女が着付けをやっていることを・・つい忘れます。七五三やら成人式の頃になると私は彼女の家に子ども達ために留守番に行きます。なので、着付けの仕事をしている姿を見たことないんです。たぶん・・他装はあきらかに私よりじょうずなはずです。妹は妹で、毎日着ているというだけで、着物を本を出している姉が不思議みたいです(爆)。ま、いいんですけど。

いや・・その妹の着付けの先生に会いに車を飛ばして横浜まで行ってきました。その先生は着付けはもちろん、舞踊の先生でもあり、歌舞伎講座などもされているので、それはそれは<歌舞伎ネタ>で盛り上がってしまいました。いや、私など足元にも及ばない・・んですが、いろいろ教えていただいて楽しかったです。

パーティーへ

09082006 09082006b
↑左の写真はサムネイルを使ってみました。クリックすると大きくなります。こんなもんで大きさよろしいでしょうか?

某出版パーティーに呼んでいただいたので行ってきました。パーティーなんてシチュエーション・・私には日ごろ縁がないので(笑)、まったく何を着ていけばいいのか・・わからず。しかも単衣の季節だし。でも、まぁ主役ではないし、そんなに気張る必要もないかと・・平常心(=いつものいい加減・・とも言う)。まだ夏物もOKだけど、一応こういう場なので初秋を意識した秋色の単衣で。

先日、たんす屋さんで衝動買いした染小紋。細かい水玉に単の刺繍の帯で。アップにしてもわからないのですが、白い水玉の間に赤い水玉も並んでいます。あらためて見ると地味なコーデよね。一緒に行った友達が着物を着たいというので、私が肌襦袢から着物・帯・小物まですべてコーデ、準備して着付けて行きました。もちろん、普段はまったく着物を着ない人なのですが、やっぱり着物を着ると全然雰囲気が違って、あらためて着物っていいなぁ~と思いました。

誰かのためにコーデを考えて着てもらうって、自分が着るよりずっと楽しいです。どんなの着てもらおうかな、どんなのが似合うかな・・と考えるの楽しいぃ。それを着てもらうと、さらに嬉しいです。



発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。