きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『勧進帳』千回 -東大寺奉納大歌舞伎

todaiji3
東大寺奉納大歌舞伎、行ってきました。

大仏様、『勧進帳』、満月、鐘の音‥素敵な夜でした。


大仏様が見下ろす舞台で幸四郎さんの渾身の弁慶、美しい染五郎さんの富樫、来て良かったと思いました。大仏殿左手から冒頭、富樫が登場したとき、まさに「立派」で大きかったです。染五郎さんは気迫十分。声の調子も良かったと思います。本当につくづく、富樫は染五郎さんにぴったりのニンですね。

外ということもあってピンマイクがついてましたが、声も鼓の音も闇夜に消えていくようで、それはそれは幻想的でした。どの場面だったかでゴ~~~ンと鐘が鳴りました。演出だったのかな・・。やっぱり、東大寺でなければ観られない勧進帳でした。延年の舞が始まる頃、え?もう終わり?と思ったくらい、あっという間な気がしました。

歌舞伎にはカーテンコールはないのですが、この日ばかりはカーテンコールがありました。六法で引っ込んだばかりで、再び登場した幸四郎さんは息切れ切れ。


『さきほど演じながら、私には盧舎那仏様(大仏様)のお声が聞こえてまいりました。人を傷つけたり、中傷誹謗したりすることは誰にでもできる。しかし人に感動を与えることはなかなかできない。おまえはそれを仕事にしているのだから、なお一層励むようにとのお言葉でした』

『息子の染五郎をはじめ若い人たちに芸をつたえていきたい』、そして、たくさんの方への感謝の言葉を述べられました。

見ているこちらが『お疲れ様でした』とホッとした気持ちになりました。
50年で1000回です。自分がコレだと思ったことを50年もかけてやり続ける姿、その1000回目の弁慶を、娘にもやっぱり見せたかったです。今、わからなくても、必ず何か感じ、何か残るものがあるはずだと私は思うので。

todaiji1
このカラフルな幕のところが花道です。
ご本人だけでなく、高麗屋にとっては大イベントだったはず。開演前に幸四郎さんの奥様と染五郎さんの奥様が忙しく、いろんな方にご挨拶をされていました。しかし、本当に幸四郎さんの奥様は若々しくて、着物姿が美しいです。見た目だけでなく、なんというか内側から出てくる美しさですね。一緒に行った友人(歌舞伎は2度目)も『ホントきれい・・』とつぶやいてました。あ、松たか子さんもいらっしゃいました。すらっとしてお綺麗でした♪

しかし、すごい人でびっくり。5000人だったとか。初詣か?・・という感じ。参道で鹿もかたまってました。

『息子の染五郎をはじめ若い人たちに芸をつたえていきたい』という幸四郎さんの言葉とおり、ぜひ染五郎さんにも弁慶を。線が細いと言われますが、私は染五郎さんが弁慶をやったなら、他の役者さんとは違う、染五郎さんらしい太さのある弁慶になるんじゃないかと・・思ってるんですが、どうでしょう?


todaiji2
少し早めについて、興福寺だけは見れました。本当に快晴で空気の気持ちいい日でした。
薬師如来の前で・・つくづく、どうして古いものに惹かれるのだろう・・としばらく座り込んで見つめてしまいました。


昨日は大阪で仕事の打ち合わせで、帰りに知人に会い、夜遅く帰宅しました。奈良へはゆっくり2日間くらいかけて、神社仏像めぐりをしたいな・・と思いました。

この写真を東大寺からブログにアップしようと思ったら、記事は消えるし、うまく行かず・・結局、帰ってきてからになってしまいました。。

あ、そうそう、余談ですが・・昨日、帰宅したら娘がとても自慢げに言いました。



『ママ、今朝、自分でお弁当作ったんだよ』と。

『(@o@)まじ?』

給食のない学校なので、毎日、お弁当を作るのですが、さすがに出張のときは売店でお昼を買わせます。今回は前日に『自分で作ってみたら~?』なんて言ってみたら、『え~~~無理!』と言ってたんです。でも、本当に作ったんだ。しかも、朝6時におきて、冷凍モノをチンではなく、ちゃんと野菜をいためたりして作ったと聞いて、嬉しくなってしまいました。一応、バランスも考えたそうです。さらに、いつも売店のおにぎりばっかり食べてる友達の分まで作ってあげたとか。

1日だけだからできたんだとは思うけれど(笑)、「やろうと思えば、できるんだ・・」と本人も思えたようです。『じゃ、明日も作る?』と聞いたら、『やだ!』即答・・だったけど(笑)。
スポンサーサイト

COMMENTS

お帰りなさい
とても素晴らしい勧進帳だったようで
東大寺までお出掛けされて、感激も一入でしたでしょう。
私は、亀三郎さんのblogで様子を伺ってました。

高麗屋さん、年内ノンストップですねえ。
11月、なんと2列目のお席が取れました。
今からドキドキワクワクです♪
もう一昨日のことになるんですねえ。
ご挨拶だけしか出来ませんでしたが、
本当に素晴らしい空間を共有できた我々は幸せ者でしたね。

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。