きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎座さよなら公演・3月昼の部

kabukiza3
 3階にあるカレー屋さん。時々、むしょうに食べたくなって食べるのですが、
この子も新しい歌舞伎座に引越しするのかな。


3月は「元禄忠臣蔵」の昼夜通しです。

「仮名手本忠臣蔵」と違って、音楽なしの台詞劇です。
2年前に国立劇場で3ヶ月通しで「元禄忠臣蔵」を観ましたが、重くて、しんどい物語ですが、真山青果作品が大好きになりました。

さすが、さよなら公演なので、ずらりと大御所が並びましたが、なんと言っても染ちゃんの富森です。仁左さんの綱豊との男前コンビで観るのは、私は2度目。前回も本当に良かったので、楽しみでした!
江戸城の刃傷(えどじょうのにんじょう)
梅玉さんの浅野内匠頭は、さすがお似合い。
浅野内匠頭の最後の瞬間を見守る片岡源五右衛門。無言で顔を見合わせる二人、涙なしでは見られません。情深い、彌十郎さんの多門伝八郎も良かったです。  
大好きな萬次郎さんが今月は出てらっしゃって、なんと立役。初めて立役姿を拝見。
いや~キリッとしておじさまな感じでした。


最後の大評定(さいごのだいひょうじょう)
幸四郎さんの大石内蔵助。深みのある大石で、幸四郎さんにぴったり。ためて、ためて吐き出す台詞。胸がいっぱいになります。

大石の長男松之丞(巳之助くん)のターコイズブルーのような着物と献上柄の袴がすごく美しかった!あれ着たい(笑)。
種太郎くん、久しぶりでがんばってた。
歌六さんの筋肉質な足がきれいなこと。びっくり。



御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)
いや~~綱豊と助右衛門のやりとりに、みんな息をするのを忘れているかのように、客席の空気が止まります。幕がしまった瞬間、「ふぅ~~~~」と息がもれるような感じ。「すごいね」「すごかったね」「さすがだね」なんて、声があちこちから聞こえました。3階にはたくさん高校生がいたんですが、本当に静かに見入っているようでした。

染ちゃんも仁左さんもあの台詞の掛け合い、真剣勝負でものすごい気迫。
あれ毎日演じるのは、精神力も体力も必要ですよね。
染ちゃんの助右衛門、すっごく良いので、ぜひぜひ観てください。

萬次郎さんの浦尾、秀太郎の江島。秀太郎さんは久しぶりにお姿を拝見。
お二人とも大好きなので、うれしい演目でした。  



本当に真山青果の台詞ってすごいな~と思います。なんというのか、「言葉が生きてる」という感じ。
書かれたのが昔でも、台詞にちゃんと、今でも言霊がある感じ。生きてる言葉が書けるってすごいです。
スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。