きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳優際♪

本当にお祭りのような熱気の俳優際。
haiyusai
俳優祭限定の手ぬぐい

楽しかったことをメモっておきます。
【狸八島】
幕開けは、立役さんの素踊りです。
素踊りというのは、白塗りをせず、袴姿で踊るのですが、それもまた、いつもと全然違った雰囲気で素敵。しかも、次から次へと入れかわり立ちかわり、役者さんが出てくるから楽しくて。染ちゃんはラブリンと登場。大好きな二人が一緒に踊る姿は最高。「私のためかしらん~」(←んな訳ありません)。

【おまつり】
2幕目は、女形さんたちの踊り。これまた「俳優際限定の浴衣」を皆さんが着て踊ります。
やっぱり突出して菊之助が美しい。亀ちゃんも久しぶりに姿を見れて、嬉しい。亀ちゃんもきれい。
で、考太郎さんが、とっても楽しげ(笑)。

【模擬店】
お祭り気分が盛り上がったところで、模擬店タ~~~イム。
こんなに歌舞伎座のロビー地下から3階まで熱気に包まれるのは、俳優際だけよね。人が多いという物理的な問題だけじゃなくて、みんな必死、みんな汗だく(笑)。

私は…まずは、まずは染ちゃんのところへ行かねば!と3階へ走り、すごい人だかりで長蛇の列に並んで、生染ちゃんから「俳優際の手ぬぐい」を購入。やっぱり素敵。でも、目を合わせられない私(*^^*)。しかも「お、お疲れさまです」なんて、気のきかない事、口走ってるし(^^;)。握手なんて…とんでもない。できない私。でも、十分幸せ。

次はダ~~~ッと1階まで下りて、秀太郎さん&ラブリンのところへ行って「シャンパン」を。
ラブリンにはちゃんと言えた「もっとお江戸で拝見したいです!」と。ラブリン「はい!わかりました」と元気よく答えてくれて、しっかり握手も。でも、彼が決められることではないよね。ごめんなさい。でも、本当にラブリンの歌舞伎をお江戸で見る機会が少なくて残念。

で、大好きな秀太郎さんが隣に。ニコニコしてシャンパンを売る姿が、やっぱり可愛い!!
思わず『秀太郎さん!大好きです!!』って、面と向かって告白する私。秀太郎さん、「ありがと~」と満面の笑顔で握手。

と、そこに!!!目の前を背の高い男性の影が・・・・うん?誰?

いや~ん!仁左衛門さま!
と思った瞬間、その場は朝の通勤ラッシュばりの満員電車状態(^^;)。身動きできず。
秀太郎さん(仁左さまのお兄様)のお店の応援にいらしたようで、それはも~~~写真撮られまくりのすごいことに。でも、私の目の前・・(*^^*)。押し合いへし合いの中、

「仁左衛門さん・・」と言って手を出すと、にっこり笑って握手してくれました。
あ~幸せ。

満員電車状態から脱出して、私は錦之助さんのところへ。
隼人くんと錦之助さんから「歌舞伎座最中」を購入。
錦之助さんには落ち着いて(笑)、「応援してます!」と握手してもらい、ご満悦。
閉店近かったからか、「おまけ入れておくね」とおまけを2つも入れてくれました。
隼人くんは本当に若い子に人気があって、次から次への若い女の子とツーショット撮ってました。
ホントにこれからの役者さんだもんね。今、高校生?大学生?錦之助さんに似て、2枚目だし。みんな、第2の「愛」を目指しているのか(爆)。

ふっと横を見たら、松緑くんがねずみ(?)の耳をつけて、シャンパンを売ってました。毎年、ノリのいい彼。今年も魚屋のおっさんのように粋で、勢いがあって楽しげでした。

種太郎くんもねずみの耳つけて、元気に呼び込み。若いっていいわ。

で、私は元気に復帰された團十郎さんのお顔を見たくて移動。
團十郎さんはひとりひとりと言葉をかわして、楽しそうに手ぬぐいを売っていらっしゃいました。やっぱり、團十郎さんは團十郎さんだ(当たり前ですが)。今の團十郎さんのまっすぐで優しい…でも、ふんばってるところが好きです。まだまだ、がんばっていただかないと!

あとは地下の萬次郎さんのところへ行き、タイムアップ。
勘太郎・七之助兄弟、段四郎・亀治郎親子のところへは行けず。残念。

でも、模擬店を堪能。いつも応援している役者さんに一言でも気持ちを伝えることができるって素敵です。俳優協会さん、ありがとう。しかも皆さん、バンバン役者さんとツーショット写真撮ってましたもんね。


そうそう、今回とっても嬉しかったこと。
何人もの人から「君野さんですか?」とか、「歌舞伎の本、読ませていただきました」とか、声をかけていただいたこと。あの本がちゃんと歌舞伎好きの方々のところへ届いているんだな~って思ったら、本当に嬉しくなりました。ありがとうございます。
あ、「まちこ持ってます!」という方もいらっしゃったな。嬉しかったです。



【灰被姫】
さて、最後の演目「灰被姫」。はいかぶり、です。

歌舞伎オールキャストで贅沢な舞台です。
しかも、最初から最後まで笑いっぱなし。お腹かかえて笑っているうちに終わってしまいました。役者さんも本当に楽しそうで。前日の夜しかリハーサルというか、お稽古する時間がなかったとのことですが、いやいや、ほどよいゆるさが楽しくてよかったです。


毎年、はじける福助さん。矢島美容室テイストです(想像してください)。「先輩いじめるの楽しいぃ~」と言いながら、温かい目で玉三郎さんを見る福助さん。ミニスカート(ミニ着物?)になって、歌って踊ってノリノリ。足がきれいでした。今年もありがとう、福助さん。

はじけるお兄さん(福助さん)の横で、まじめな橋之助さんが、はじけように迷いつつ、福助さんを見る目がおもしろかった。福助さんを見習って、ぜひ橋之助さんにも気持ちよくはじけてほしいです。きっと、新境地が!


勘三郎さんはあまりに普通にはまり役で、驚きはゼロ。いじわる継母の大げさな芝居に、客席の子どもたちが大うけ。それにアドリブで反応する勘三郎さんはさすが。


いつもの120%パーフェクトな玉三郎さんも好きだけど、ふき出しそうになりながら、その場を楽しんでるゆるい玉三郎さんは、ちょ~可愛い。


左團次さんは、本当に何をやっても自分のものにしてしまう。


真顔で楽しんじゃう「おくりびと」菊五郎さん。去年の千手観音のインパクトが強くて、今年はちょっと出番少なく地味だった気が。しかし…「おくりびと」って気づくのに、かなり時間を要しました。


菊之助は吟じちゃいました。

   女の子と海にいってえぇえぇえ~
    バナナボートに乗ったらぁあぁ~~
     なんだかいけそうな気がするぅう~~

   あると思いますっ!


うん、ある、ある。


染ちゃんは→こんな感じで、流し目で会場を悩殺しまくるり、女性たちの悲鳴がっ。「こっち、こっち~」と会場の女性たち、みんなが思ったに違いない。なぜに女性は流し目に弱いのだろう。ちなみに役名が「藪空棒之助(やぶからぼうのすけ)」。このネーミングは、きっと染ちゃんに違いない。そういうところが好き。


亀ちゃんの白柳徹子、でっかい玉ねぎ頭。私には湯ば~ば(from千と千尋)にしか見えなかったわ。が、しゃべると徹子さんに見えてくるから不思議。何気に染ちゃんにつっこみいれてて笑えました。


仁左さまのアメリカ大統領グラント将軍。くりくり茶髪が、本当によくお似合い。超かっこよかった。でも、台詞は一言「Yes,We can!」。でも、もう椅子に座っているだけで十分だと思わせるオーラ。

團十郎さんの大統領夫人。ドレス姿がなかなかいけてた。ちゃんと、くびれてたし。

彦三郎さんと段四郎さんの女装は…恐すぎ。

秀太郎さんのタキシード姿は、やっぱり可愛い。

時蔵さんのタキシード姿は、なぜにこの方は女形になったんだろうと疑問が湧くほど、ダンディでかっこ良い。

海老ちゃんは、舞台の上にいながらして素で楽しんました。染ちゃんの流し目攻撃に、普通に大爆笑してました。自分の台詞には力入りすぎて、わけわかんなかったけど、「裸になって何が悪い!」には苦笑い。ネタが新鮮すぎ。

お元気そうなお姿を見せてくれた雀右衛門さん。台詞をかんで照れたお顔がかわゆい。お姿を拝見できただけで、行った甲斐があったってもんです。良かった。

小山三さん…ナイス!


そして、ラストの歌舞伎座の守り神の皆様。芝かんさん、藤十郎さん、富十郎さんという国宝がずらり、脇に幸四郎さん&吉右衛門さん。あぁ贅沢。


最後は、新しい歌舞伎座になっても歌舞伎を盛り上げていきましょう~的なお話には、しんみりしたけれど、その場にいた役者さん、お客さん、裏方さん、スタッフさん…みんなが今の「歌舞伎座」を愛してるんだなぁ~と思えた瞬間でした。その瞬間を味わえてよかったです。


歌舞伎って、ある意味、役者さんがどうやってお客さんを楽しませよう…ってことを考えて考えて発展してきたものだから、俳優際って、そんなことを思い出させてくれる貴重な公演だと思います。本当に役者さんたちに楽しませてもらいました。ありがとうございました。


さ、また初日が開きますね。


スポンサーサイト

COMMENTS

レポありがとうございました。
俳優祭、行きたいとは思いましたが
なにぶん平日なので断念…てか、
それ以前にチケ争奪戦に入り込めませんでした(^-^;;

模擬店の様子を拝見して
倫子さんは面食いだわ…と改めて思いました(^m^)
ワタシもおんなじ~♪
レポありがとうございました
俳優祭はやっぱり楽しいですよね。

模擬店は効率よくまわろうと思っても、あまりにいっぱいありすぎて困っちゃいます。

テレビ放送もあるようで、楽しみです。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。