きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松竹大歌舞伎・中央コース

kabukihiroba
染五郎さんの「歌舞伎のとばぐち」、更新されました。今回は巡業先から!
「今月の美味しい歌舞伎」「染五郎さん、教えてください!」コーナーも更新されました。



…ということで、松竹大歌舞伎・中央コース、巡業の東京の公演に行ってきました。
会場はほぼ満席。番号からすると4列目だと思っていたら、なぜか2列目!ラッキー

演目は「沼津」と「奴道成寺」。
実は「沼津」は、生では初めて。
吉右衛門さん、若々しいお役で、歌六さんが実はお父さんだったという70歳の役、芝雀さんが娘です。ま~年のことはともかく、思ったとおり、大安心な芝居でした。歌六さんは本当に万能選手。
吉右衛門さんと歌六さんが客席ぐるっとまわるサービス、巡業ならではのご当地台詞もあったりと楽しい場面もあって、かつ、しみじみと聞かせる、魅せる演目でした。
個人的には、冒頭の場面の小道具がツボ
巡業はいつもの歌舞伎座とは違う雰囲気で、舞台も近くて、こじんまり、温かい感じなので、これはこれで私は好きです。

しみじみした後は、ぱっと楽しい染五郎さんのおどり「奴道成寺」。
いや~やっぱり染五郎さんのおどりは好きです。
美しくて、華やかで、楽しくて、盛りだくさんな要素で、何より、染五郎さんの身体能力にびっくり。
舞踊家はアスリートとは違う筋肉を使うと聞いたことがありますが、すごいです。
お面を替えるたびに会場から「おぉ~」と驚きと感動の声が。最後のぶっかえりも美しくきまって、気持ちよく幕が下りました。
巡業もこれからが後半戦、怪我などされないことを祈ります。




スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。