きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月・歌舞伎座さよなら公演・昼の部

超忙しいながら、昼の部観てきました。って、もう何日も前になりますが…。
もちろん、竜馬さまとお祭り…目当て(笑)。

感想は続きをどうぞ。
一、竜馬がゆく(りょうまがゆく) 最後の一日

坂本竜馬      染五郎
中岡慎太郎     松 緑
近江屋女房すみ  高麗蔵
桃助         男女蔵
伊東甲子太郎   錦 吾
おとめ        志のぶ


3部作の最後となりました「竜馬がゆく」。
竜馬の最後の1日を描いたお芝居なので、死ぬことがわかっていて観てると重いのですが、私的には「そうそう、こ~いう染ちゃんのお芝居が、私は好きなのよ…」としみじみ。
おりょう役で亀ちゃんが出た2作目も染竜馬が色っぽくて好きでしたが、この地味めな3作目が、今までの中で私は一番好きでした。


*今回の染竜馬、竜馬の芯の強さ、視野の広さ、男っぽさと同時に、男のかわいらしさ、チャーミングさがよく出ていて、本当に良かったです。染竜馬の世界が出来上がった感があって、このシリーズが終わってしまうのが、もったいないくらい。2作目と3作目の間にもう1話くらい入れてもらって、もう一度通しで観たい気がします。

*染五郎さんと松緑さんの息をのむような掛け合い。良かったです。松緑さんが出てきて、ぐっと芝居が引き締まって緊張感が出てきました。染五郎さんの土佐弁…とても自然。竜馬って、こんな感じの人だったのかも…と思わせるほど。松緑さんの土佐弁がちと厳しかった。今回はより台詞劇になっていただけに、言葉って大事。

*突然、刺客によって無残に斬り殺され、絶命の瞬間に音楽が止まる演出、よけいな後日談や残された者の悲しみも何も見せない幕切れ。好き嫌いが分かれるところでしょう。つい竜馬の死んだ後までやりたくなるところですが、若干、観客を突き放したような演出は、私は新鮮にも感じて好きでした。その後のことはみんな知ってることだから、逆に終わった後に「日本にとって竜馬という人を失ったことの大きさ」がずっしりと感じられました。あの時、竜馬が死んでいなかったら、今の日本はどうなっていただろう…と。こういう観た人が後でいろんな思いを巡らせることができる、お芝居が好きです。

*染五郎さんのお芝居は、大道具の使い方がこだわりがあるように思います。今回も近江屋の家を舞台いっぱいに飾り、廻り舞台を使って見せていきます。「染模様…」のときも廻り舞台の使い方が、とても効果的でした。前半、多少場面転換が多く感じましたが、今回も盆をふんだんに使っていて、歌舞伎らしかったです。

*1作目から通して、照明、音楽、道具の使い方が染五郎さんらしくて、また歌舞伎としては、とても新鮮味がある作品になったのではないでしょうか。竜馬の物語は、映画にもテレビにもなっていて、見る人もそれなりにイメージが確立した題材で、なおかつ、舞台で客を飽きさせずに見せるのは難しい題材だったにもかかわらず、とても楽しんで観ることができたのは、そういった工夫があってこそだったのだと思います。「竜馬がゆく」が歌舞伎化できたことは、とても大きな意味があったと思います。はい。

「とばぐち」でも書かれていた羊羹色の紋付。本当に着古したように見えて、歌舞伎の衣裳の技術は素晴らしい!!!

*竹三郎さんがひとり出てくるだけで、ぐっと上方の雰囲気が出るから、すごい。

*志のぶちゃん!!!!平成中村座に行かず、こんなところで、こんなおいしい役を!!!思いがけず、嬉しかったです。田舎娘が超かわいかった。染竜馬が志のぶちゃんに絡む部分で、竜馬のチャーミングさが際立ってました。志のぶちゃんのお芝居が細やかで上手。来年の染模様では、また可愛い妹役で出るのかな。

*強いて言うなら、ラストの竜馬。致命傷を負ったわりに、血のりが少なすぎ?血のりたっぷりは好みじゃないんですが、もう少し、血のりプリーズ(笑)。きっと、その赤でさらに竜馬を失うことへのショックは強くなるに違いない。



二、時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)

武智光秀     吉右衛門
四王天但馬守  幸四郎
小田春永     富十郎
安田作兵衛    歌 六
桔梗        芝 雀
森蘭丸       錦之助
森力丸       種太郎
皐月         魁 春


吉右衛門さんの武智光秀。浅葱色の衣裳がよくお似合い。こういう辛抱強く耐える役はうまいな~。ちょっと心配だったのは、春永役の富十郎さん、もう中日だというのに、プロンプターついてました。そのため、間髪いれず聞きたい責めの台詞に間があいて変な感じ。どうしたんでしょうか。種太郎くんが錦之助さんと並んで、がんばってました。
            


三、お祭り

芸者  芝 翫
鳶頭  歌 昇
鳶頭  錦之助
鳶頭  染五郎
鳶頭  松 緑
鳶頭  松 江
手古舞  孝太郎
手古舞  芝 雀

…言ってもいいですか?言わせてやってください(笑)。
染五郎さん、ダントツきれいでした眼福。
この踊り、華やかで楽しいので、もっと長かったらいいのに。
芝翫さん、貫禄の芸者です。さすが。



四、河内山(こうちやま)

河内山宗俊    幸四郎
高木小左衛門   段四郎
北村大膳      錦 吾
腰元浪路      高麗蔵
松江出雲守    梅 玉

幸四郎さんの河内山は、とても知的でちらっと見せるずるがしこさが魅力的。脇役も見ていて安心な役者さんばかり。


昼の部だけで4演目、16時5分終演。さよなら公演は具沢山の幕の内弁当のようで、おなかいっぱい(笑)。

スポンサーサイト

COMMENTS

熱演でしたね!
こんにちは!いつも楽しみに拝見しています。実は同じ日にもう少し下手の同じ列で観劇していました!俳優祭でお見かけして、また同じ空間で染五郎さんの熱演を観られ君野さんファンとして嬉しいです!
まちこで出掛けていたらお声をおかけしていたかもしれません。その日は私かごやさんの別のかごバッグでした。

10月の国立劇場本当に楽しみですね!
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。