きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護国寺ふたたび・続き

1263516842-100114_1504~02.jpg
こういう場所に猫って、なんて似合うんでしょう。可愛い

昨日も書きましたが、階段を上ったところにある大きな仏像がにっこり満面の笑みで迎えてくれた護国寺
昨日は久しぶりに…というか、年明けて初めてに行きました。
前回に比べて、さすがに1月ということで、参拝される人の姿も多く、にぎわってました。
寒かったけれど、本当にきれいな青空でした。

なぜか、私はここが大好きで、今回も本堂に入ってゆっくりお参りしてきました。
真正面に座って手を合わせて…前回に来たときに祈ったことを思う。
あの時、祈ったことが少しずつ叶っていることに感謝して、そして、また静かに「これから」を思う。
前回ここに来た時から見た目は同じですが(笑)、私の内面は激変していて…そんなことも振り返ってみる。

想いは通じるもので道は開けると思うけれど、神様仏様や誰かが願いを叶えてくれるのではないですよね。当たり前ですが。こうして静かに座ると、あらためて自分が何を望んでいるか考えられる…というのが良いのです。ほら、初詣で「○○でありますように」って祈るじゃないですか、あれって去年までの自分とこれからの自分を考えて出る言葉ですよね。何を望んでいるか…がわかると、今感謝するところが見えてきたり、ぶれている心を修正したりできるんです。時々、なんか天の声が聞えることもあるしね(笑)。


前回は寶頭廬尊者と眼を合わせられなかったのに、今回はドキッとしたものの、ちゃんと眼を合わせてきました。成長したか…(笑)。でも、やっぱり心の奥を見透かされているような迫力はすごい…でも好き。そのほか、近くで見られる仏像をひとつひとつ見て幸せなひととき。


おみくじって、あんまり引かないんですが、帰りがけ引いてみました。
「小吉」だったんですが、大吉じゃなくて、中吉じゃなくて、凶でもなくて、大凶でもなくて「小吉」だったことが、正直嬉しかったんです。負け惜しみじゃなくて(笑)。私にぴったりな気がして。
「小さな幸せをたくさん見つけていきなさい」って言われたようで、とても嬉しい気持ちがしました。


おみくじに書かれていた言葉は

「坂道を下るように、楽に事が運びます。身を慎んで事にあたれば、さらに幸福がふえるでしょう」

「坂道を下るように…」まで読んだときは、転げ落ちるのか!?とドキっとしましたが、良かったです(笑)。
1263516843-100114_1500~01.jpg



実は、私が本堂にいた時、ちょっとした事件があったんです。護国寺の方も「こんなことは初めてです!」とおっしゃっていたほど、びっくりするような神頼み、仏頼みなことをする人がいて…と、びっくりしたんですが、その出来事も「他力本願じゃダメなんだよ、歩くのは自分だよ」って教えられた気がしました。みなさん、マナーは守りましょう。

今年も出会いに感謝して、小さな幸せをちゃんと感じられるようになりたいと思います。

スポンサーサイト



発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。