きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ版つぶやき

悲しくてね…。でも、悲しくなるほど大切だってことだからね。でも、切なくてね…。誰が悪いわけじゃなくて、私の心の問題。


「何かと君野さんには、びっくりさせられることが多い」…とNさんに言われる。私も自分にびっくりすることが多い。


難しいことをわかりやすく書く…ということを心がけているつもりだけど、私自身の中で噛み砕いて理解していないといけないので、やっぱり難しい。悪戦苦闘中。


昨日、車を運転中に耳元でチッチの声が!そう肩に乗ってる距離で。びっくりして、思わず振り返ってしまいました。外から鳥の声が聞えたのかと思ったけれど、窓を閉めて、あの声の大きさはありえない。しかも車走ってるし。最近、何かへんなのよ。。


実は、わたくし、若い頃のある時期の記憶が定かでなかったりします。あんまり覚えてないんです。「あの時、ああだったね」と言われると、なんとなく思い出すけど。その頃のことを最近、言われて…少し思い出したんだけど、まったく今の私とは別人で。別人すぎて、他人のような気がするほどです。人間は変わるものだ…とつくづく思います。はい。

「変われる」ということに希望を持ちたいと思います。


そういえば、ちょっと前に、「洋服にお金をかけておしゃれしてきた人は、着物にもお金をかけて、いいものを買うようになる」…というような話が出た時、「へぇ~~そうなんだ~~」と聞いていた私。その話をしている間中、まったく、自分がそうだったってことを思い出せませんでした。「あ…そういえば」と思い出したのは1週間も経ってから。…私、アメリカにいた頃、3日も休みがあったら、イタリアに買い物に行っていました。身体がちっこいので、有名ブランドのお店で全部お直ししてもらってました。週末には、ニューヨークに遊びに行き、髪を切るのは必ずニューヨークの美容院でした。1週間も経ってから思い出した自分に…驚きました。

えぇ~~~~誰の話???私の話。ありえん…と自分でも思ってしまいます。

でも、残念ながら、洋服にお金をかけてきた人は、着物にもお金かけていいものを買うようになる…という説には、あてはまりませんね。その後、私はブランド物はすべて処分、高級化粧品もアクセサリーも…自分を無駄に飾るものはどんどん手放してまいました。今では、できることならお化粧もしたくなくて最低限。何もないのが一番心地よくて。着るモノも今あるものを大切に長く着るようになりました。

人間、変われば変わるものです。
今は何も自分を飾るものはないけれど、今の自分のほうがずっとずっと好きです。
スポンサーサイト



発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。