きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げし子さんに会いに行く♪ 3/11/2004

げし子さんにフリマに出品する着物をお渡ししました。初めてお会いしました。かわいいぃ~~~~人(おばさん発言かも・・)。いいなぁ、若いって(間違いなく、おばさん発言)。ほんと、楽しかったです。また、お会いしたいわん。しかし、帰りは、たいへんな荷物になったかもしれません。大丈夫だったろうか・・・。

今日は何も考えず、着物を着たら・・やっぱり地味だった(笑)。あんまり暖かいので羽織など着ることさえ思いつかず、車に乗っていました。

着物:表地全体に蚊絣文様を細かく織り込んだ御召です(げし子さん、紬だなんて嘘でした・・正解はお召しでした・・いい加減なヤツでごめんなさい)。

帯:作り帯。作り帯って初めてだったので、どうやって締めていいのやらわからず、結構てこづりました。白の地紋入りの綸子みたいな地に赤い絞りがはいってます。帯だけ見ていると、かなりスウィートなのですが、こうして思い切り地味ぃ~~な着物には白が浮き立ってきりっとするかなって思って。どうでしょ。帯のたれ

帯留:50年代のアンティークシルバー帯留でブラウニースモーキークォーツ(茶水晶)です・・・って字面だけ見ると、すごい高価に聞こえますね~(爆)。が、思いきり安い買い物でした。

帯締:これリボンです。リボンを2本重ねています。なぜリボンかと申しますと、帯留のせいです。、3分紐でも全然通らないんです。2分紐も厳しいかな~と思っていたんですが、なかなか2分紐とかって見つけられず・・。刺繍作家の小倉先生がリボンで帯締されていて、「あ、これなら通る」と、ぱくりです。

スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。