きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎ染め

汚れが落ちなくなってきた白い足袋を捨てるのももったいないので、玉ねぎで染めてみました。前からやってみようと思っていて、仕事しながら(火を使うので、そんなことをしてはいけませんっ!)挑戦しました。でも・・・やり方や分量などはちょ~~~いい加減です。参考にされても・・うまくいくかはわかりませんので、あしからず。

【用意するもの】
足袋(足袋はあらかじめお湯か水にぬらしておきます)
玉ねぎの皮3~4個分
焼きみょうばん(スーパーの漬物材料コーナーにあります)
なべ2個(ホーローやガラスなどのなべがいいらしいですが、うちにはそんなものはないので、普通のなべで)

 1.たまねぎの皮をなべに入れ、水をひたひたくらい入れて火にかける。沸騰したら弱火にして15分ほど煮こむ。

2.キッチンペーパーや目の細かいざるで玉ねぎ液をこす。紅茶を煮出したみたいな色です。すご~~い。恐るべし、玉ねぎの皮!

3.玉ねぎ液をなべに移して、足袋を入れ火にかける。弱火で15分ぐらいかな。玉ねぎ液がたりない場合は、足袋がかぶるくらいに水を足します。足袋を入れたとたん、さぁ~っと色が染まって、なんか、とっても楽しくなってきました。しかも、台所で足袋を煮る!ってことが、おかしくって。 

4.もうひとつのなべに水1リットルくらいとみょうばん大さじ1杯を入れ、火にかけておきます。足袋を玉ねぎ液から取り出してしぼり、一度沸騰させたみょうばんのなべに入れます。これまた、さぁ~~~っと色が黄色になってキレイ!!15分ほど弱火で煮て火を止めます。そのまま30分ぐらいおいておきます。


5.足袋をとりだして、よく水洗いします。ホント、キレイな黄色になりました。

6.3~5の作業を何回か繰り返すと、より鮮明で色落ちしにく、色ムラができにくくなります。写真は1回目です。ちょっとまだ色ムラありますね。最後は干して、生乾きのうちにアイロンをかけましょう。


想像していたよりずっと濃い黄色に染まりました。
淡いたまご色・・かと思っていたら、ウコン染め?みたいにくっきり。
ちょっと煮出しすぎたのかな?もっとデカイなべが欲しいぞ。

でも、すっごく簡単で、楽しかったです。
玉ねぎを使ったら、皮はキープですよっ!
スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。