きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「SAYURI」

sayuri観てきました。こういう映画は広い心で観ましょう。例え、神社でお賽銭投げて、ひも振ったら<ゴ~~~~ン>って『おいおいっ、そりゃないだろう』と思う場面があっても、『よくぞ、ハリウッドがここまで日本を描いたじゃないか、がんばった』という温かい気持ちで観ましょう。日本人がアメリカをピーカン能天気ハンバーガーをイメージするように、そうね~アメリカ人が見る日本は、中国も日本も韓国もなかなか区別できないってことですね。キャスティングを見ればわかりますが(笑)。

<着物>ということで言えば、正直「ちゃんと着付け師を日本から連れていったのか??」という場面もありましたし、もっと綺麗な着物が見られると思っていたのですが、思ったほど・・でした。

私が一番気になったのは照明で、あの照明のあり方=芸者のイメージなのか・・とちょっと。

それでも、やっぱりチャン・ツッイーは美しかったし、あの役ができる日本人はやっぱりいない・・かと思いました。ミッシェル・ヨーなんて、一番日本人っぽかった。倍賞美津子似で、すごく着物似合ってました。渡辺謙さんはやっぱり英語がおじょうず。余裕がありますね。こういう大人の男優さんが主役でしかもラブシーンを演じるのって、日本ではあんまりないですよね。お子ちゃまばかりで。でも、もっと出番があるのかと思ってましたが。。役所広司さんも記者会見で言ってたほど、英語下手じゃなかったです。桃井かおりさんは、日本語でも英語でも・・あのしゃべり方だったわ(笑)。

でも、さゆりがチェアマンを想う気持ちの強さや裏づけの部分が弱かったかな~。最後、きれいにまとまりました・・という感じに物足りなさが。

「ラストサムライ」が許せなかった人はきついでしょうし、ついつい日本人は<あれはどこの町のつもり?>などと思って観てしまいますが、あれはアメリカ人のフィルターのかかった<日本>と思って観れば、おもしろいです。でも、こうしてハリウッドが<日本>を題材に、アジアの俳優を使って映画を作ること自体、少し前まで考えられないことでしたから、やっぱり喜ばしいことです。映画などは文化を知る入り口ですから。まだ、観ていない方は、ぜひ。


スポンサーサイト

COMMENTS

私も見てきました
 そうですね。 ジャパンファンタジー。 アメリカ人のフィルターを通して見た日本の芸者ストーリー。 着物、着付け、髪型、踊り、全てが????  日本、中国、韓国の区別がつかない。 全くそうです。 

 でもあの程度でなければアメリカ人の観客受けはしないのではないでしょうか。 映画はエンターテイメント。 アメリカ人の芸者のイメージはよく解かりました。

 SAYURIの口直しに青山のワダ・エミ映画の衣装展に行きましたが長蛇の列。 友人とのランチに遅れそうなので、割愛。 25日までとか。 行かれたらいいな。 
sumiさん
突っ込もうと思えば、いろいろ突っ込めましたよね。
でも、アメリカ人にとっての<東洋の魅力>がよく描かれていた気がしますね。こういう映画にさっと名前が上がる日本人女優が登場することを期待したいです。子役の女の子はじょうずでしたね。
「さゆり」の映画関連として、舞妓の写真集などを映画館のロビーに
置けばよいのに。と思います。リアル花街とのギャップも楽しめて
一石二鳥!!
あれがリアルと思いたい人にはただの意地悪かなあ・・。
反対感情
はじめまして、きものが大好きなアジア系アメリカ人です。今日本に住んでいますけど、クリスマスの時アメリカに帰って、あの映画のせいで海外できものを着ることが恥ずかしくなった気がしました。きものを着る女性・アジアの女性に対するいろんなステレオタイプがよみがえらせた...

倫子さんをキモノ達人として尊敬してます!

琵琶さん
なるほど、舞妓さんの写真集ね!確かに。
海外で上映されるときに、写真集や花街の本当の姿をちゃんと解説したものなど・・・置いて欲しいですね。本当にあの世界を理解するのは難しいでしょうから。

ティナさん
はじめまして!海外で着物を着るのは、いろんな意味でその国を象徴するので、まわりの目も気になりますね。でも、着物の良さや美しさを海外の人に知ってもらえると嬉しいです。「SAYURI」はちと描き方が中途半端だった気がするので、安易に着物のイメージを作ったかもしれません。洋服文化の中では、日本で着ていても<他の人と違う>という意味で目立ちます。でも、ジーンズを着ている友達が一緒にいて、<着物を着ているから>と私に気をつかわずにすむような・・・そんな着こなしが自然にできたら・・それが私の理想です。
現場の人の声・・?
ここに・・
映画「さゆり」について、元・祇園芸妓の立場で
コメントした膨大なコーナーが・・
もしよかったら、倫子さんも見てみてください。

http://hanaen.exblog.jp/2767563/
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

SAYURI
●『SAYURI』2005年12月10日公開。スティーブン・スピルバーグが監督するという噂が何年か前ににぎわってたんだけど結局は製作のみ。一番肝心な主人公が日本人でないのはかなり問題かな・・・と。チャン・ツィイーは大ファンなのだけど(ついでにミッシェル....
URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。