きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予習?舞台「阿修羅城の瞳」DVD鑑賞

PARCO歌舞伎で初めて染ちゃん主役の舞台を生で観る予習(?)ってことで、染ちゃんと三谷さんの作品を観よう・・と思ったのに、「The 有頂天ホテル」は観にいけなかった(夫と娘も観たいというんですが、予定が合わないっ!)。んで、染ちゃん@新橋演舞場の舞台『阿修羅城の瞳』(2003年)のDVDを観ました。

阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック
松竹 (2005/10/29)
売り上げランキング: 3,331


出雲さま、なんて色男なんでしょ。あの花道のそばに座ったお客さん・・うらやましすぎ。あの着流しを生であの距離で(しかも下から!)・・。あの茶髪入った長い髪も化粧具合もすごい色っぽかったです。たまりません。本当に日本顔なのね。

劇団☆新幹線のカラーが濃かったですが、映画にしても舞台にしても、きっといつか自分の芝居を作るための過程として、人の演出する作品に出ているんだろうなぁと思いました。そういう意味では、映画の方が自分のこだわりを強く出せたんだろうな・・と感じました。映画の方がありえない台詞いっぱいあったし(笑)。

しかし・・私がとっても印象的に思ったのは、最後のカーテンコールのお茶目な染ちゃん・・・いやいや、違う・・カーテンコールの時に役者さんがずらりと並んで頭を下げたとき、そのお礼の仕方の美しいこと。ものすごく目立っていました。他の役者さんは頭を下げるだけですが、手を膝のところにあてて頭を下げる・・。歌舞伎役者さんらしい。若旦那、とても素敵っす・・と言いたくなりました(笑)。

映画では宮沢りえちゃんでしたが、舞台では天海祐希さん。全然違いましたね・・。りえちゃんは可憐さが、天海さんは妖艶さが。でも、着ていた椿柄の着物はそっくりだった。同じかな?同じキスシーンもやっぱり舞台の方がなまなましく感じますね(*^^*)。

あらためて映画版のきざ~~なセリフが聞きたくなりました。殺陣も・・映画のほうがよかったかな~。う~~ん、微妙。渡辺さん>伊原さん、樋口さん>夏木さん(化け物すぎ。。)、りえちゃん>天海さん、小日向さん>近藤さんだったなぁ。一人一人のキャラは映画の方が好きだったかな。
スポンサーサイト

COMMENTS

眠り
ほんと、TVやDVDで舞台を見ると必ず寝てしまいます。臨場感の違いでしょうか。
と言いながら歌舞伎見に行くと、必ずと言っていいほど寝る女は私です。だって吉衛門さんが寝てもいいってTVで言ってたし←言い訳
訂正
吉右衛門さんでした。間違ってしまい失礼いたしました。
梢さん
そうですね・・やっぱりライブにまさるものはないですよね。吉右衛門さん寝ててもいいって言ったの?なるほど・・そういうものか、奥が深い(笑)。
リズム
歌舞伎を見て眠れるのは、歌舞伎のリズムと合ってる証拠だから眠っていいんですって、たしかNHKだか教育TVだかでおっしゃってましたよ。
だからって眠りたくはないんですけどねぇ…
梢さん
なるほど・・でも眠ってもいいくらいリラックスできる存在ってことですよね。でも、眠るのはもったいないですね(笑)。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。