きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち合わせ

03072006打ち合わせというか、インタビューを受けたというか、着物と歌舞伎話で盛り上がった・・という打ち合わせでした(?)。楽しかったです。

歌舞伎好きな方って多いのね~。『実は私も歌舞伎好きなんです』とか、『最近は文楽です』と言う方が多いです。着物話も楽しいですが、歌舞伎話も楽しいです♪・・・私の性格なので、はまるとねぇ~危ないんですわ(すでに危険信号)。図書館で歌舞伎の本5冊も借りてきて、熟読中(笑)。おもしろい。お勉強したら、また紹介しますね♪

そうそう、今日は忙しかった。
朝から確定申告相談→銀行→打ち合わせ→娘を迎えに行って習い事へ・・となんか、また走ってました(笑)。

確定申告、今週でケリをつけたい!
そして、毎年誓うのよね・・今年こそ、ちゃんとやろうと。
やれたためしはない。数字見るだけで吐き気がするほど嫌い(^^;)。

今日は市松の着物と今年は何度も締めてる紫の花柄。
特記することは何もないんですが、新しいポリ襦袢をおろしたら、ちょっと衿が詰まるのよね・・気になるなぁ。


*アップしたいことがいろいろあるんですが、追いつかず・・。また、ぼちぼちアップします。
スポンサーサイト

COMMENTS

確定申告お疲れ様です。

私もだいぶ昔(14年くらい前?)に歌舞伎にハマッていたことがありました^^;
内定者の配属先希望面談で「本社(銀座)希望の理由は?」と人事部長に聞かれ「歌舞伎座が近いからです!」と言い切り、「し…渋い趣味だね…」と半ば呆れられ希望叶って銀座勤務。夜の部の一幕見席によく会社帰りに行きました~。
ちなみに贔屓役者は片岡孝夫(現仁左衛門)でした^^;
歌舞伎本
ちょっと留守してましたら、りんこさんはもうパルコにいらしていたのですね。いいな!私も月末には行きます。すごく楽しみにしています。歌舞伎本熟読中とのことで、是非一冊お薦めしたく。「大江戸歌舞伎はこんなもの」橋本治 ちくま文庫。この1月に出たばかり。少しは私もこの手の本を読みましたが、これは目から鱗がぼろぼろ落ちます。なぜ「誰のダレ兵衛、実は、誰々」のパターンばかりなんだろう?と思っていた謎も解けました。並みの解説本より深~いと思います。お時間があれば是非。
PoivreNoirさん
アフター5に歌舞伎って渋いです!かっこいいかも(笑)。

hanadaさん
「大江戸歌舞伎はこんなもの」チェックします!ありがとうございます。また、参考になりそうな本があったら教えてくださいね。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。