きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月大歌舞伎~幕見デー

06132006朝からどんよりした曇り空。雨にならないことを祈って、雨コートも持たず出かけました。単衣は単衣の時期にしか着られない(すでに単衣でも暑い気もしてくる6月中旬)ので、お出かけする時は、着たい単衣を順番に着るしかないですね。でも、雨が降るとね~やっぱりポリにしておこうと思うし。陽の目を見ない単衣があるのは可愛そうですが。。あと、この時期の帯も数ないのであるものでコーデがなかなか難しいもんですね。

必ず、この時期に一度を着ておきたいこの着物。縞の紬に単の博多帯。どんより曇り空なので、雲の絵の描いてある帯留(箸置きだけど・・)で、半衿は少し厚手のレース。襦袢はレース襦袢。


演目見ると、思い切り「染ちゃん狙い」な幕見です。
でも、これだけ観ると・・お尻痛くなって、足がむくみました。
夜の部の1幕観たあとに打ち合わせ・・という名のお食事を(笑)。


<昼の部>
1幕 君が代松竹梅

翫雀・愛之助・孝太郎

2幕 双蝶々曲輪日記
幸四郎・ 染五郎(二役)・ 高麗蔵

4幕 荒川の佐吉
仁左衛門・染五郎・孝太郎・愛之助・段四郎・菊五郎

<夜の部>
1幕 暗闇の丑松

幸四郎・福助・染五郎・段四郎・秀太郎


今回もいろいろ思うところありましたが、レビューはまた・・とします。染ちゃんは「双蝶々曲輪日記」の二役が良かったです。若旦那役をやらせると天下一品(爆)。それ以外の演目の染ちゃんは脇でしたが、脇をやりながら、勉強してる感じがしましたね。いつかは<佐吉>、いつかは<丑さん>をやるんだろうな~。

それから、初めて愛之助@歌舞伎(脇だったけど)観れました。やっぱりハンサムだね。福助さんの声って、初めて聞いたとき、ちょっと苦手かもと思ってたけど、独特で色艶があるな~と思った「暗闇の丑松」でした。おじ様より若旦那好きな私ですが、仁左衛門さんの着姿はかっこよかったです。それから、実は秀太郎さんがやる<ちょっと年のいった女形>好きです。

昼夜と4幕観ましたが、結構重かったですね。演目が地味だったからか、ストーリーに救いがあるような、ないような・・からか。単純に、染ちゃんの出番が少なかったからか(爆)。
スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。