きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月大歌舞伎・夜の部

07162006玉&海老の7月大歌舞伎。泉鏡花祭りです。私は夜の部に行ってきました。昼の部は完売ですね。チャンスがあれば昼の部とは思いますが、染ちゃんは出ていないし、8~10月に備えて、あまり無理せずと思っています。

連日の気合の入った通り雨で、降らないうちに家を出てなんとか歌舞伎座へ。

←これが先日、衝動買いしたポリ絽です。薄物というと縞か格子か・・みたいな地味なのが多いので、しっかり柄の入ったのを見つけて嬉しくなって買いました。地色は薄いネズのような水色のような色で紅型のような全体に柄が入っています。帯はピンクの絽で無地で地模様は露芝かな。小物はブルーで。

そういえば、先日紹介した雨用草履。結局、紺色の水玉にしたのですが、届きました。なかなかいい感じです。
これです↓
つまかわつき水玉草履

さて、歌舞伎の話。
kabuki07162006
いつもの歌舞伎座とはちょっと雰囲気が違う客席(→圧倒的、女性が多い)、大向こうがかからない(→演目上かけにくい)でした。玉三郎さんっておいくつになったんでしょうか。変わらず、お美しかったです。

今回は、獅堂くん以外の三越歌舞伎のメンバーが揃って出ていたので、私的には歌舞伎座での彼らも見たかった・・ということもあって、楽しみにしていました。

『山吹』はある意味、チャレンジャーな演目だったのでしょうか。舞台が広すぎる気がするほど・・でしたが。4つの演目の中では唯一、現実世界のお話らしいですが、十分、泉鏡花の世界でした。

しかし、歌舞伎座で洋服姿の役者さんを見るとは!驚きです。
段治郎さんの洋服姿はさすが長身でかっこよいです。でも、着物姿が見たかったなぁ。笑三郎さんは遠目に動きが玉三郎さんに似てました。やっぱり、泉鏡花は台詞が美しいですね。笑三郎さんが丁寧に台詞を言っているのがわかりました。難しい役どころだと思うのですが、すごくよく演じていらっしゃいました。紫のお着物も綺麗だったな~。大正の匂いがしました。

『天守物語』は、玉三郎さん・・さすがです。
歌舞伎座が天守閣に見えました。演出も良かったし、玉三郎さんの貫禄のある姿にはホレボレします。打ちかけも綺麗だったなぁ。照明で途中、色が違って見えたり。後半もポスターの玉三郎さんが着ている打掛もみごと。間近で見たかった。

春猿さん・・三越で観られなかったので楽しみにしていました。真っ赤なお着物で美しかったです。

そして海老蔵さん。個人的には大河『武蔵』はあまり好きでなかったし、こういう男くさい人は好みではないのですが、この役は・・ぴったり。綺麗な横顔で声も通るし、いい男でした。冨姫がいっきに惚れてしまう気持ちに会場の女性は皆、共感したことでしょ~。

細かいですが、海老蔵さんがひざをつきながら前に出る時の身のこなしが完璧。歩き方、振り向き方、手の差し出し方・・すべてが美しかったです。さすが。

・・でも、若旦那系が好きな私には、ちと骨太で強すぎます。はい。


ともあれ、歌舞伎はいつも観ている間中、非現実な世界にいざなってくれますが、玉三郎さんの世界はまた、もう1つその上の天上界のような夢の世界にいるような・・終わったとたん、『あれ?夢だった?』みたいな感覚を味わうことができます。個人的には、お姫様のような役よりおかみさんの役で味わいのある演技を観たいなぁ~と思いますが。

ただ・・今回は『お金出しても、もう1度観たい』とは思いませんでした。なぜだろう。わかりませんが。
スポンサーサイト

COMMENTS

お金出しても、もう1度観たいとは思わないとのことですが、それはもう簡単に染ちゃんが出ていないからでは?あ、そんな単純な事ではないですか…。
私も夜の部に行きましたが「山吹」の最後の台詞で思わず笑ってしまったんです。他の方も笑っていらっしゃったようですが、ここ笑うところじゃないのにおかしいという台詞が他にもあり、おいおい!と自分に突っ込みを入れてしまいました。
絽のお着物、とっても明るくて素敵です。
ピンクの帯に、水色の帯揚げ&帯締めがとっても効いてますねわ!そして雨用草履も、やっぱりいいです。私も買おうかな~。お値段のリーズナブルだし。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。