きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元禄忠臣蔵@幸四郎バージョン

さてさて、3ヶ月かけて観てきました『元禄忠臣蔵』@国立劇場もこの幸四郎バージョンで終わりです。ホント、大入りでした。

12072006aお見せするほどでもありませんが、市松柄のポリにソーイング柄の帯です。ローズの帯揚げ、黒の帯締め。特別、理由もなく、なんとなくコーデです。色数を少なくすっきりした感じに着たいな・・というだけです。雨でもないのに、ポリを着ることは少ないのですが。


さて、『元禄忠臣蔵第3部』については、歌舞伎好きな方はどうぞ。

12072006b3ヶ月通していくと、このような記念の手ぬぐいをいただけます♪吉右衛門、藤十郎、幸四郎サイン入り大石手ぬぐいです。ちなみに、この第3部のチケットはすでに完売だそうです。この日も3階席まで満席でした。

1部も2部もなんとも苦しいお話で、吉右衛門さんも藤十郎さんもこんなところで終わるのはしんどいだろうなぁ~と思って、きっと3部では幸四郎さんすっきりできるんだろうと、ある意味、期待しておりました。

・・・が、観終わったら、そもそもすっきりお話ではないことに気づきました(気づくの遅すぎ・・)。すっきりどころか、そこにどんな美学があろうと、人が死に行く結末なのだから、ただただ重く苦しく複雑な気持ちになりました。


元禄忠臣蔵 第三部 四幕九場
真山青果=作
真山美保=演出

主な出演者:
松本幸四郎・中村芝雀・中村信二郎・坂東三津五郎


毎度、渋渋なキャスティングなのですが、今回はなぜかそんな感じがしなかったのは、おそらく脇の四十七士の役者さんが若かったからかな?それとも私にとってお馴染みの役者さんが多かったからかな。

私にとっては1部は吉右衛門さん、2部は梅玉さん・・と一番、ぐっと気持ちが入ったのですが、3部はおみの役の芝雀さんでした。
やっぱり、うまいです。淡々としたお話の中、また、女形はたった一人だったのですが、本当に芝雀さんには泣かされました。何でもできる役者さんですね~。

そして、信二郎さん。なんと、25歳の磯貝十郎左衛門役。・・ということは、おみのはいくつだったんだろう。。ホント、歌舞伎役者は何歳にでも化けるのですごいですね。まるで30過ぎでも学生服着ちゃう韓国ドラマ。いや、一緒にしちゃいけませんね(笑)。すいません。

信二郎さんも美しかったです。この方は本当に横顔がお美しい。惚れ惚れとしてしまいます。

主税役は種太郎→愛之助ときて、3部では巳之助さん。なんだか、ちょっと・・私の中ではしっくり来なかったですね。

細川内紀役の中村梅枝くんはこういう役はぴったりでした。これから注目です。

幸四郎さんは歌舞伎になると普通のお芝居の時よりかなり渋声になりますが、今回は台詞の言い回しが吉右衛門さんに似ていたりして、やっぱり兄弟!と思ったり。最後の花道を歩く姿はなかなか美しく重々しい雰囲気が出ていました。

3ヶ月観てきて、私は真山青果という作家がとても好きになりました。
浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかるシーン、四十七士の討ち入りのシーン、大石、四十七士の切腹のシーンとこの3つ瞬間は描かれていなくて、そこを描けばドラマティックになるのがわかっていて、あえてその前後から描いているところがとっても良かったです。

物語の核心から目をそらさない強さとごまかしという遊びがないのに豊かな想像と創造がちゃんとあるストーリー立てが素晴らしいなぁと。

この『元禄忠臣蔵』の3ヶ月通し狂言。本当に観られて良かったと思います。また、国立劇場さん、いい企画を立てて欲しいです!
スポンサーサイト

COMMENTS

初めまして
どうやってたどり着いたのか思い出せないのですが最近お邪魔するようになりました。
自分のブログをようやく作ったのでコメントさせて頂きます。
国立の忠臣蔵、第2部を観ました。前日に演舞場の花形歌舞伎を観た後だったのでギャップが激しく、私もあの水を打ったような静けさに背筋がゾクッとしてました。でもよかったです、とっても。
3部全部観たんですね、羨ましい限りです!
着物も好きでなるべく「お出かけは着物で」を心がけています。 またお邪魔しま~す!
今更「忠臣蔵・・」しかも役者さんも渋い!と、まったく観劇モードゼロでした。しかし、倫子さんの感想を拝見して、惜しいことをした、一生の損をしたかも、と後悔しきりの私めデス。
観てきました
ご無沙汰いたしております。
以前、手拭いコレクションをお披露目いただいたやっぴーです。
観てきましたよ~、第三部。
歌舞伎といっても下座音楽がほとんどなく
近世に近い感じのお芝居でしたね。
役者さん達もまとまってる感じがしました。
「朧…」もチケットゲットしましたので行きますよ~♪
倫子さんの感想が楽しみです(^-^)/
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

忠臣蔵''この記事は一度削除されています。削除に関する議論はをご覧ください。''
URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。