きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材と冷や汗(^^;)

02082007今日は午前中、取材に行ったのではなく、取材を受けました。久しぶりにお会いした方だったので、楽しくご機嫌な私でした。

そして午後、お昼を食べているとき、ハッと冷や汗が出たんです。
何って、この帯!!!!!

恥かしいので、この写真もアップしようかと迷いましたが・・まぁ、よい失敗例・・ということでアップしました(笑)。

この帯、鳥がいっぱい飛んでるのですが、ちょっとお茶目な顔をしていて・・私の中では『千鳥』ではなく『鳥』だったんですが、本当に重くて地厚な帯なんです。なので、黒地だし、重いし、地厚だし頭から冬モノと思っておりました。しかし・・・微妙な絽地のような織りがあります。でも、これもそういう織りなんだ・・と思って、絶対、こんな帯が絽であるはずがないと思い込んでいました。

が、ふとお昼を食べながら帯を眺めてて『千鳥』+『絽』=『夏物?』という方程式が頭に浮かんで、もしかして、夏モノだったりして!?と冷や汗をかいたのでございます。

もし夏モノだったとしたら(私の中では真夏にこんな熱くるしい帯はありえないんですが・・)、なんて昔の人は辛抱強かったんだろうと思います。

結局、夏モノだったとしたら、この帯はもう締めてもらえないでしょうし、う~~~ん、どうしたものか・・と複雑な気持ちになりました。まぁ、いつ締めていても、まわりは気づかないでしょうが。
スポンサーサイト

COMMENTS

はじめまして。いつも素敵な着物姿を拝見しております。

日本では一年中千鳥が見られますが、「千鳥」は冬の季語なので、良いのではないでしょうか。
とてもキュートな千鳥帯ですね。

冬の千鳥はこちらです。
http://www.pref.shimane.jp/section/keikan_shizen/rdb2/cnt/cnt55b.html


SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。