きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都南座~三月花形歌舞伎

03162007aまた急に冬が戻ってきて、京都は東京より寒いだろうと思い、少し重めのざっくり紬に絞りの帯。なんだか帯とおそろいに見える絞りの半衿を合わせてみました。緑の帯揚げ・帯締めに、帯留はうさぎちゃん。
温かくして行きました。

京都は父の骨納め以来・・何年ぶりかしら。
日帰りなのでゆっくりはできませんでしたが、それでも八坂さんへ行ったり、少し歩いたり、お茶したりできました。しかし、やっぱり京都は危険ですね~。少し歩いただけでも、ツボなお店がたくさんっ。


さて、京都へ行く前日、娘に

『そういえば、京都に何しに行くんだっけ?』

『そりゃ~~もちろん歌舞伎よ』

『・・・・』いまさら絶句。

『来月も大阪行くよ』

『何しに?』

『歌舞伎』

『ママは歌舞伎マニアだ・・』呆れ顔。。

朝も7時台の新幹線に乗り、いざ京都へ。
朝も早くから行きも帰りも駅まで送り迎えをしてくれた夫も家に帰ってから、

『それで、ママは京都に何しに行ったんだっけ?』

『・・・』私も絶句。ま、いっか。楽しかったから。



さて、京都に行ってきました。
初の南座です。
花形歌舞伎の感想は続きをどうそ。

03162007b
南座はこじんまりとしたいい劇場でした。
松竹座も南座もほどよい大きさで近くて迫力があっていいなぁ~と思います。ちょっと、席が狭かったけど。

100年ぶり復活狂言だの、宙乗りだので話題になっていましたが、本来は朝から晩までかけて上演していたというほど長い、長いお話をたった3時間ほどにまとめるには、かなり無理があったように思います。
が、役者さんがインタビューなどで力説していた通り、わかりやすく、わかりやすく・・とおっしゃっていた気持ちは伝わりました。お話自体はそんなに難しく感じませんでしたが、ど~も一人一人の役の人間像が掘り下げきれてなくて・・らぶりんが地味に感じたんだと思います。主役でさえ、中途半端な感じがして、もったいない感じがしました。

・・とはいえ、やっぱり同じ復活狂言の『染模様・・』やつい最近の『朧・・』など、ものすごくスピード感のある芝居を観ていたので、ちょっと、まったり感が気になったのかもしれません。あれはわざと古典的な演出、様式美にこだわっていたんですよね。

なんと言っても萬次郎さん!こんなところにおウメばあさん@高田馬場かっ!と思いました。あの人間くさいおばあさんやらせると天下一品。私好み。

主役より私のツボだったのが、天狗の子分たち(爆)。もぉ~笑いをこらえるのがたいへん。天狗の子分たちはパンチパーマでした!しかも、怪しい羽根。らぶりんの背中に羽根を見つけたときは、もう大爆笑しそうになってしまいました(笑ってはいけない場面でした・・)。そして、天狗子分たちの驚くほどのジャンプ力。もう目が離せませんでした(笑)。ナイスでした。天狗ってこうなんだ・・と教えてくれるのは、歌舞伎くらいです。勉強になりました。

03162007d
↑橋之助さん演じる霧太郎
橋之助さん、宙乗りより殺陣やってほしかったです。
昨年、歌舞伎らしい~ぃ、縄を使ったみごとな殺陣に感動しましたもの。橋之助さんは今、とても微妙な年齢にさしかかってるなぁ~と思った舞台でした。がんばって!

03162007e
↑左から七之助君演じる桜木・勘太郎君演じる義時・萬次郎さん演じる政子・らぶりん演じる実朝
勘太郎君・七之助君も良かったです。やっぱり、自分達が主役という意識があるときは若い気合が感じられますね。兄弟で恋人同士を演じられるというのは強みです。素敵な二人で、ちょっとドキドキしました。勘太郎君、いいなぁ~。お父さんそっくりだけど。

03162007c
↑左から薪車さん演じる公暁・亀鶴さん演じる軍太夫・らぶりん演じる薬売・喜之平・彌十郎さん演じる新左衛門

らぶりんは二役でした。若殿役も薬売りも脚本が人物像を描ききれてなくて残念。もうちょっと二役ともどんな人となりなのか、書いてほしかったです。らぶりんは素敵だったけど。でも、京蔵さんとらぶりん夫婦・・なんか、年下のいい男を旦那に持った年上妻って感じがして笑えました。しかし、『すし屋』に続き、無駄死な役は観ててつらいです。。

彌十郎さん、萬次郎さんの重みのある芝居、薪車さん、亀鶴さんのいやな奴度が絶妙で良かったです。


でも、役者さんたちは本当にお客さんに喜んでほしいと願っているんですね~。その点は感じるところがありました。どの役者さんもますます応援したくなりました。来月は大阪へ♪



スポンサーサイト

COMMENTS

天狗の子分
実は私も、意識を失いながらも彼らには釘付けだったんです。パンチのロンゲにくちばし付。手はぐゎしのポーズ。
しゃがんだ状態から、なんであんなに高くジャンプできるのでしょうか?Dr.中松のジャンピングシューズはいてるようにも見えなかったし…。

お疲れさまでした
寒かったけど、楽しい1日でしたね。
復活と言えども、ほとんど新作みたいなもの。
難しいですよねえ。頑張ってることは評価できます。
わ!もしや、同じ日だった・・・?かもです。
天狗、キてましたよね(笑)
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。