きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月大歌舞伎

5月大歌舞伎は、久しぶりの染ちゃんの歌舞伎です。
感想はおそらく長~くなるので、お好きな方は続きをどうぞ♪
enbujoくぅ~~~染ちゃんの『鳴神』ですよ。

私は、染ちゃんのなよなよした和事の若旦那が一番好きだったのですが、荒事良いではないですか~~。

もう終始、ドキドキしてしまいました。



1.鳴神
染ちゃんにとっては初役となる鳴神上人。
後ろ向きで登場してもきっちり通る声も良し。終始、声の調子よろしいです。いい声だなぁ~。綸子の白い着物になでつけの鬘がクールで姿も美しく、きっちり大きく見えるのが素晴らしい。でも、ちゃんと染ちゃんらしいお茶目なところも出てたし。後半のいがぐり頭に力強い隈取。怒りで髪が逆立ったとイヤホンガイド。ハリネズミじゃあるまいし・・と笑えましたが、そのわかりやすさが歌舞伎のおもしろさ。しかし、あのいがぐり頭。なぜに左側に小さな三つ編み?妙に可愛いくて、目が釘付けでした♪

そして、大好きな染ちゃんの見得。いいわ~やっぱり、いいわ~。ご自分で気づいていらっしゃるかしら。染ちゃんの見得は色っぽいこと・・。

歌舞伎役者さんにとって鳴神上人をやることの大きさとか、重さとか、思い入れとかはビギナーの私にはわからないのですが、それでも染ちゃんを観ていると大切な役で、ご自身がやってみたかった役であることは伝わってきます。だって、あの飛び六法!今月は少し花道長くしていただけません?(注:そんなことは無理です)とお願いしたくなるほど、気持ちよさそう。いや、鳴神上人はすっごく怒ってて、もちろんエネルギーも必要で軽くやれるものではないのはわかっていますが、でも、飛び六法って楽しくて気持ちよいのだ・・と観ていて思える勢いです。花道に消えた後、その余韻を味わってしまいました。

でも、きっと染ちゃんのことですから、まだまだ日増しに勢いづいて、パワーアップしていくのではないでしょうか。楽日あたりでもう一度、観れるものなら観たいです。

そして、芝雀さん。
さすがでした。本当に芝雀さんってどんなお役でも安心して観ていられます。染ちゃんをうまくリードしつつ、それでいて控えめで。しかし、雲の絶間姫のお色気にはまいりました。帯の柄も源氏香、衿の抜き方もかなり気合が感じられました。夫とのなれそめなんかを話している表情がホント可愛いの。だけど、大事なところではしっかり仕切ってる感じがまた楽しくて。

実は初めて『鳴神』を観たのですが、つっこみどころがたくさんあって楽しいかったです。酒は股から出てくるし、つまみは笑えるタコだし、しめ縄が解かれて飛んでいく竜がみょう~に弱弱しくておかしい・・のに、いたって鳴神上人はマジで切れてて。アンバランスの中の絶妙なバランス。これが、私にとってはツボです。・・・って、うまく説明ができないんですけど。

2.鬼平犯科帳
鬼平ファンにはたまらないのではないでしょうか?
花道が川になって船で登場するのは、カッコいいですね。
歌舞伎バージョンになっているとはいえ、あまり歌舞伎らしいところは感じられませんでしたが。

わりと淡々として静かなお芝居でしたが、私の隣のおばさまが一番いいシーンで、ぐぅ~~ぐぅ~~とイビキをおかきになって(!)、もうそっちが気になってお芝居に集中できませんでしたよ。確かに、お弁当の後の演目で、しかも静かなお芝居ときたら眠くなるのもわかりますが、せめてビールはやめましょ~よ。お弁当+ビールとなると寝る確率上がりますよ。

そんな感じであまりお芝居に集中できなかったんですが、歌六さんがお上手だったのと、吉さまの着流しが素敵でした。

3.釣女
き、吉さま・・よろしいのですかっ。
吉さまほどの役者さんが・・あのおかめ顔がありなんですか?
人間国宝の菊五郎さんにも驚かされること多いですが、歌舞伎役者の懐の広さを堪能できる楽しい演目です。いや~笑かせてもらいました。


来週は夜の部へ。
染ちゃんの姫が楽しみ♪
今回も美顔器で磨いていらっしゃるのでしょうか?(昨年、その字のパーティーで『更科姫の時、美顔器を使って化粧にもものすごく時間かけました』とおっしゃってました)
スポンサーサイト

COMMENTS

はじめまして。
いつも着物コーデ、ステキです♪
本も楽しく読ませてもらっています。
染五郎さん以前から好きだったのですが、朧で初生染さんを観て惚れちゃいました!
私は地方在住なのでなかなか逢いに行けません・・・。でも今度染さんの歌舞伎公演を観るため、東京一人旅をするつもりです!
せっかくだから着物で行きたいのですが無理かな・・・悩み中です。
「きもの着せかえあそび」の高麗屋コーデ素敵ですね。私もしてみたいです。
鳴神
楽しんでこられたようでよかったですね。
鳴神、私も好きな演目です。前に見た亀治郎の雲の絶間姫よかったですよ~。キレイなんだけど腹に一物ある感じで。因みに上人様は獅童でした。がんばってましたけどね(^.^)。
某評論家の方は、染ちゃんのほうが姫をたらしこみそうだって書いていらっしゃいましたけど、そうでしたか?
来週、楽しみだわ~♪
楽しまれたようで~
バラエティーに富んだ3作品でしたよね。
私も全部おもしろかったです。
鳴神は、所化が出てくるとこは道成寺とおなじだし
(般若湯とタコも同じ小道具だったです~)
歌舞伎の醍醐味が全て詰まってるような
(突っ込みどこも含めて)
歌舞伎らしい歌舞伎って感じでした。
鬼平は、あの舟がどうやって動いてるのか興味津々。
吉右衛門さんはなんでもござれなんですねえ(^-^)v
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。