きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの思い出② 『納涼歌舞伎・2部』

娘と娘の友達(歌舞伎デビュー)を連れて、納涼歌舞伎へ行ってきました。

2部
山本周五郎原作  『ゆうれい貸屋』
渡辺えり子作・演出『新版 舌切雀』 

毎年、2部は子どもでも楽しめるような演目が並びます。
なので、チケット争奪戦も厳しいわけです。

では、ざっと感想だけ。

『ゆうれい貸屋』

福助さん、可愛いっ!
福助さんってお上品なお姫様より、ずっと幽霊とか、怪しい女の方が似合う(←ほめてます)。そのほうがずっと可愛らしさが出て、福助さんの魅力が爆発します。家の脇から出てくるときも、天井から下りてきたときも、まったく幽霊に見えるから笑える。もっともっと怪しいけど、可愛いのやってほしいです。

桶屋のダメダメ男の三津五郎さんの足の出しっぷりにちょっと驚き(笑)。あれは桶屋だから?足のない幽霊との対比で人間であることの象徴?気になるところ。七之助の浮気女も良かったですね。勘太郎・七之助兄弟は、ここのところ、ぐんぐん良くなっていると思いますね~。楽しみ。
あのじいさん、ばあさん幽霊は誰だったんでしょう。一番恐かったなぁ。


『新版 舌切雀』 

『8時だよ!全員集合』世代には懐かしい笑いが満載でした。
が・・・正直、私はダメでした。何がダメだったんだろう。
納涼じゃなくても歌舞伎の中の笑いって<今>を反映しつつ、でも洒落が効いてて好きなんだけど、ちょっと違ったかな。
楽しかったんだけど、やっぱり『全員集合』的笑いに走りすぎてたかな。


野田秀樹、串田和美、蜷川幸雄、三谷幸喜と・・いろんな演出家が歌舞伎を書いて演出していますが、それぞれの演出家の個性がバ~ンと出ているけれど、どの人も『歌舞伎』というものへのリスペクトが端々に感じられるんですよね。特に串田さんの歌舞伎はそれを強く感じます。リスペクトというか、歌舞伎役者にしかできないことをちゃんとやらせるというか・・歌舞伎役者だからこそ光るツボを知っているというか・・。今回の『舌切雀』は歌舞伎役者じゃなくても良い感じがしてしまったからかな。う~~ん、うまく言えませんが。

歌舞伎デビューだった娘の友達には、もっと歌舞伎らしいものを観せてやりたくなりました。

ちなみに、この間のコクーン歌舞伎もこの『舌切雀』も衣装は、ひびのこづえさんでしたね。ひびのこづえさんは半衿や帯などのデザインもされていますが、歌舞伎の衣裳もポップで可愛いい衣裳でした。
スポンサーサイト

COMMENTS

舌切り雀
なるほど「全員集合」的な笑い (@_@)
言い得て妙です☆ さすが倫子さん♪

「ゆうれい貸家」の七之助くんの出入りの様子が
幽霊っぽくて重力感じなくて好きでした。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。