きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月歌舞伎公演@国立劇場

あらためまして、10月歌舞伎公演@国立劇場の感想おば。
歌舞伎に興味のある方は続きをどうぞ♪
とても楽しめたんですが、ど~も客席がいまひとつ。
とにかくお客さんが静かで大向こうも少ない。
気持ち、歌舞伎座よりさらに年齢層も高いか・・。
ここは拍手でしょ~~という場面でも拍手しない。
ここは笑おうよっという場面でもいまひとつウケが弱い。
しかも1階中央の特別席エリアだけ空席が・・。
ま、お値段がお値段なので、客は正直なのか・・。

なんか、役者さんがとてもやりにくいのではないかと、ハラハラしました。

すごく楽しい舞台だったので、もっとたくさんの人に足を運んでほしい。私も3階席でもう一度、観たいと思います。
特に染ちゃんファンは見なきゃダメですっ!


平家女護島-俊寛- 二幕

実は「俊寛」ははじめて観ました。
話は重いうえに、幸四郎パパの俊寛は最初から最後まで重かった・・。「俊寛」は吉右衛門さんの当たり役と言われますが、観たことがないので比べようもないですが、こんなしんどい話だったのか・・と。これを毎日演じるのはしんどかろうと。今、新橋演舞場で勘三郎さんの「俊寛」が上演中ですが、吉右衛門さんや勘三郎の「俊寛」はどんなだろうと、ちょっと観たくなりました。

みな流刑になった島でボロを着ていても、とっても礼儀正しく・・「俊寛」のほったて小屋に入るにも履物を脱ぎ、正座をし、上座に「俊寛」がすわり・・みたいなところに妙に感心しました(笑)。
染ちゃんの丹波少将成経も麗しく、芝雀さん演じる千鳥がとにかく可愛らしくて!!ホントに芝雀さんって器用。歩き方や表情が、まだまだ年若い千鳥にちゃんとなってました。丹波少将も俊寛に千鳥を紹介するとき、千鳥を見やるときの少し照れたような表情がとってもういういしくて、結婚式を挙げる場面では微笑ましく。

高麗蔵さんの俊寛の妻、東屋もとても力強くて良かったです。
花道から出てきた瞬間から失意や夫を思う気持ちが感じられました。

そして、とっても気に入ったのが瀬尾役の段四郎さん!
も~~悪っぷりと憎たらしさが最高~。
いつも段四郎さんが演じる悪い役には感心です(笑)。
しかし、瀬尾の天パーちょんまげはすごい。頭の上に何が乗ってのかと思いました!


昔語黄鳥墳(むかしがたりうぐいすづか)-うぐいす塚- 三幕六場

我らが染ちゃんの復活狂言です。
うぐいすが恋を取り持ち、恋を実らせ、飼い主の身代わりに死んでゆく・・という鳥好きにはたまらんお話です。そんなうぐいすって、かわいすぎ。

制作発表で各場に見せ場があるように・・と染ちゃんは言ってましたが、ホントに楽しませてもらいました。

ニ幕目の淀川堤の場では、『どんだけ~~』のギャグと『おしりかじり虫』の合唱。おもしろくて楽しかったのに、何せ客席は年配の方が多かったからか、ギャグだってわかった人が少なかったかも・・。残念っ。ぜひ、若い方も観てほしいです。あれじゃ、ギャグを飛ばした役者さんがかわいそう。。

なんと言ってもですね、長柄長者屋敷の場の染ちゃんですよ。
ボロを着ていた源之助が大変身して、紫に美しい刺しゅうの長裃、鴇色の着物で美しいっ!!出されたお茶を美しい作法でいただく姿、そして鼓と太鼓!!!!!先月の「阿古屋」を思いだします。唄も素敵でした。
鼓は私にはジャズセッションに聞えましたね。かっこいいです。
あの曲はこのために作られたんでしょうか。
これだけは染ちゃんファンは見てほしいです。

源之助(染)と梅ヶ枝(宋之助)との婚礼のシーンもいいです。
梅ヶ枝が白無垢、綿帽子で登場。可愛かったっ!
きっと私、この場の染ちゃんをガン見してました(爆)。

そして、大詰めで美しい源之助だったはずの染ちゃんは超悪坊主の大仁坊になりまして。これが相当なワルで、これまた似合ってたりして(笑)。あんまり違うタイプの男の早替り。楽しかったあぁ~。今、舞台にいたはずなのに、花道から登場したり・・早すぎて、早替りって気づかなかった人もいたかも(笑)。

それと「俊寛」の段四郎さんにひってきする「うぐいす塚」の東蔵さんの悪い継母。シンデレラの継母ごとく、源之助をいびるんですが、これまた最高!わかりやすすぎて可愛い(笑)。

そして、最後においしいサプライズ。
大立ち回りの末、大仁坊が息たえた瞬間、鬘がぽろりっ!
一瞬、これもギャグか!?ドリフか!染ちゃん、振り返って何かギャグでも飛ばすのか!と期待が高まりましたが、ホントのアクシデントだったらしく。これも生の舞台だからこそ、なんだか得した気分になりました(笑)。

一つ残念だったのが、梅ヶ枝(宋之助)の源之助を床に伏してしまうほど想っている気持ちとか、結婚ができることになったことへの喜びとか、源之助が自分を置いて旅立ってしまうことの寂しさ・・があまり伝わってこなかったこと。そこに重きを置いていなかったからだと思うけど、そこをきっちり描いたら、最後ぐっと話に厚みが出たかもと思いました。

でも、こうしてまた埋もれていた狂言を染ちゃんの感覚を通して、今に復活してくれて嬉しいなぁ~と思います。また、こうした試みをどんどん続けてほしいです。ぜひ、そういう復活狂言をたくさんの人に観てほしいです。


<余談>梅玉さんが筋書きのインタビューで『お気に入りの後輩、アーちゃん(染五郎)の舞台が盛り上がるようにお手助けができるのが楽しみです。でも自分としては、やっぱりアーちゃんの役の二枚目をやりたいな(笑)』とお話になっていて大うけしました。やっぱり梅玉さんって永遠の王子様だわ・・。
スポンサーサイト

COMMENTS

金魚ふーちゃん
mixiの日記をこちらに設定されたのですね。
で、国立、私は千穐楽に行きますよ。
楽しみだわ~!
男阿古屋の染ちゃん、早く観たいです。

楽の後に新橋でやる三響会は、残念ながら3階席取れなかったのでパスなんですが。。
染ちゃんの手
改めて染ちゃんの手ってステキだなあと思って観てきました。
もっとも「社会人のための歌舞伎入門」とリーズナブルコースだったので
肝心の「うぐいす塚」は観られなかったんですけどね(^-^;
幸四郎パパは元気な俊寛って感じでしたね(笑)。
1週間のうちで双方の俊寛を観ましたが
幸四郎パパは目元のお化粧に力が入ってましたよ。
勘三郎さんはげっそり見せる為に頬に力が入ってました。
それの違いだけでも面白かったです(^-^)v

12月の国立も幸四郎パパと染ちゃんなので楽しみです。
今日、国立劇場で観て来ました。それも3階席で!

今日のお客さんは、若い方(?)も多く
着物姿の方もたくさんおいででしたよ
もちろん「どんだけ~」も「おしりかじり虫」も、ちゃんと反応し
笑ったり拍手したりしていました(ほっ!)

行く前に君野さんの感想を読んでいましたので
2倍楽しめました。
染ちゃんの早替わり、4回だったって気付きました?
私は3回だと思ったのですが・・・
初めまして。
いつも楽しくロムさせていただいております。

12月に歌舞伎を見に行く予定なので、半襟に役者さんの手ぬぐいを・・・、と思い立ったのですが。
どこで入手できるのでしょう?@@
初心者的質問で、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします☆
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。