きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また打ち合わせ、はしご

11212007また、朝1件、午後1件の打ち合わせでした。なんで、打ち合わせばっかりなんでしょう。この写真、なんかすごく疲れた顔・・(^^;)。

十字絣の紬に染帯。
この着物、ちょっとサイズが大きいので、やっぱり肩あたりがかなりゆるいのがわかりますね。裄はちょっと短いんですけど。


私の母や叔母の時代は、わりと着物のサイズってアバウトでした。
女性もみんな小さかったからなのか(でも昔だって大きい人はいたと思いますが)、姉妹で仲間で着ていたりしてたと思います。裄なんかも、適当だったし。

今日、着物関係のお仕事をしているおじさんとお話したんですが、
おじさんが言いました。

『今は着物を人に合わせて作ってるけど、
 昔は着物に人が合わせて着てたんだよ』


意味わかります?
なんか、はっとさせられる言葉でした。
最近は、人に着物を合わせてどんどん大きいサイズになっていますが、
昔は多少のこと、小さかったら手を引きめにして、自分が着物に
合わせて着たんだそうです。
別に常に両手広げているわけじゃないんだから、ちょっと腕を
まげて引き気味にすれば、裄が合っているように見えるってことです。

それがいいか悪いかではなく、なんか人と着物のそんな関係が
とてもいいなぁと思った言葉でした。

おじさん、ありがとう。
また、ゆっくりお話したいです。
スポンサーサイト

COMMENTS

SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。