きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿新春歌舞伎・夜の部

01142008そういえば、国立劇場の話してない・・それはまた。とりあえず年のはじめは、染ちゃんの『鏡獅子』だけは観ないといけないので、歌舞伎座に行ってきました。

たぶん12年ぶりに着てもらえた無地の着物です。
歌舞伎に出会わなかったら、いつ着てもらえたかわからない着物です。
たぶん・・(覚えすらない・・)自分で色を選んで誂えたんですが、重めの縮緬で一色ではなく、部分的にほんのりぼかしのグラデーションが入っていて、地模様に少し違う色目が入っている・・ちょっと凝った色無地です。帯は黒地の塩瀬。


こうして箪笥の外に出してもらって、人の肌に触れると着物は喜びます。ホントに。
ホントですってば。

さて、歌舞伎好きな人は続きをどうぞ。
お正月らしく華やかな舞台でしたし、客席も満席でにぎやかでした。
当然ですが、染ちゃんの『連獅子』目当てです。

一、鶴寿千歳(かくじゅせんざい)
芝翫さん&富十郎さんの人間国宝の踊り・・よかったです。じいさん、ばあさんの姿でしたが、なんと言うか踊りに余裕があって、味わいがあって、ゆったりした踊りでも全然、退屈しませんでした。芝翫さんの後見が志のぶちゃんだったのも嬉しかったりして。

01142008b二、連獅子(れんじし)
←写真、つい買ってしまいました。あんまり素敵だったので・・。今月、写真早いなぁ。

獅子になって登場した時、ハッとするほど隈取がきれいでした。本当に。やっぱり染ちゃんの踊りはいいな~本当にいいな~。もっと観ていたいと思ってしまいます、いつも。すごい飛んでました。すごいグルグルしてました。むちゃくちゃキレも良かったです。幸四郎パパと並ぶと親獅子と仔獅子ですね~(当たり前です)。来月の『鏡獅子』も楽しみです。

観終わって、もうこれで満足だから帰っていいくらい・・(おいおい、助六みなきゃ)と思いましたが、福助さんの初・揚巻は観ておかないといけません。

休憩時間にロビーに出たら、斎ちゃんと奥様が。斎ちゃんはラブリーな笑顔をふりまき、人気者でした。ホント、色白で可愛いぃ。


三、歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)

揚巻をやれる女形さんはそうそう出ないので、福助さんの初役、とても楽しみでした。福助さんは強い女がぴったりなので、啖呵をきるあたりかっこよかったです。個人的には、志のぶちゃんの花魁が可愛かったな。団十郎さん、声がお疲れでした。東蔵さん、『うぐいす塚』からポイント高しですが、東蔵さんの『オッパッピー』はなんか可愛かったです。


関係ない話ですが、私の隣に座った女性。一幕目は座るなり爆睡。上向いて寝てました。ニ幕目『連獅子』になったとたん、オペラグラスでかぶりつき。あぁ染ちゃんのご贔屓さんなんだ・・と思っていたら、三幕目・・・違う人が座ってました!そういう手があったか・・・。
スポンサーサイト

COMMENTS

今頃になってこちらにコメントしてま~す。
ミクシィでのコメ、有り難うございました。
で、このrinkoさんが買われた舞台写真。
昨日マイミクさんに買って来ていただいた中にありました。
隈取りが、なんと美しいこと!
来月の『鏡獅子』が本当に楽しみ。
でもまだ1ヶ月後なのよねえ。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。