きもの箪笥*きものメモ

プロフィール

君野倫子

Author:君野倫子
着物好き、歌舞伎好きの文筆家・君野倫子です。
感謝して、愛をこめて。
5月1日からアメリカ・カリフォルニア州在住となりました。
ご連絡はこちらへ⇒



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月大歌舞伎@新橋演舞場・夜の部

05172008a2回目の『東海道四谷怪談』でした。

着物は綸子の着物なんですが、色合いが青白くて、夜に着ると怪談チックかな・・と思って(笑)。自分にしかわからないことですが。。帯は縮緬で、水引みたいな柄。

今回は歌舞伎はひさしぶりの娘と一緒。演舞場に着いて、みんなの着物姿を見たら、『私も着物で来たかった』と文句を言ってました。なかなか歌舞伎に小学生が着物で着ているのなんて見ないので、えぇ~~マジ?と思ってしまいましたが・・。

それはさておき、『東海道四谷怪談』は、話はややこしいし、終始舞台は暗いし、決して楽しい話ではないし、仕掛けはおもしろいとしても子供にはどうだったろうか・・とチケットを取ってから心配になってしまったんですが、思いのほか、楽しかった様子でした。
特に序幕なんかは、わりと説明的な芝居なので、退屈するかと思っていたんですが、寝てしまったり、退屈してしまうことなく、しっかり観ていて、最初の休憩で『なかなか、おもしろいね』と言ってたのでほっ。「髪梳き」のシーンでも小声で『こわっ!』とつぶやいてたので、ちゃんと観れてたんだと思います。終わってからもお岩さんおもしろかったと言って満足げでした。ふと納涼で観た『里見八犬伝』の屋根の上の立ち回りのシーン(染ちゃんだったわ・・)を思い出したらしく、『また、あぁいうの観たいなぁ』と言っていました。そうよね、あれは華やかで楽しいものね。でも、やっぱり歌舞伎は観れば、楽しいみたいで、しかも演舞場より歌舞伎座が好きな彼女は(甘味目当て)、来月は歌舞伎座に行こうと言ってました。ということで、来月も一緒に。やっぱり夜の部かな。とっても楽しい『身代座禅』があるから。

私は2回目だったのですが、実は訳あって、DVDで「四谷怪談」観まくっていたので、かなり今回は「四谷怪談」のストーリーを理解して観れたんじゃないかと思います(笑)。

今回は、前回より段取りがスムーズでおもしろくなってました(笑)。やっぱり歌舞伎は1ヶ月興行、後半からぐっと良くなっていくんだなぁと感心。福助さんも前回よりもさらに良かったです。お岩の武家の女房としてのプライドみたいなのが、よく伝わってきて。しかし、福助さんって声の高低の幅が本当に広いですよね。自由自在な感じ。場面によっては高い声が悲しんでいるのか、怖がらせているのかわからず、笑いを誘ってしまってましたが。笑う場面じゃなかったんだけどな。

でも、歌六さんの宅悦がやっぱり良かったんだなぁ~と思いました。宅悦が怖いと、お客さんも怖くなるというか、宅悦がうまくないと、お岩さんの演技が映えないというか。昼の部の「一本刀土俵入」もそうだけど、歌六さんが出てくると舞台がしまります。

05172008b舞台写真が出ていたので・・また・・買ってしまいました。

六助も良かったんですが、なんと言っても「着流し」好きには、『一本刀土俵入』の堀下根吉です。ものすごいツボ。それから『四谷怪談』のだんまりの衣裳が好きだったので、こちらも。

袋を持った私に娘が『え?2枚も買っちゃったの?』とびっくりしてました・・。いつも1枚には絞れないの。
スポンサーサイト

COMMENTS

屋根の上
の大立ち回りなら、今月の歌舞伎座でもやってますよ~。
ちょっとメタボ風味な弁天ですが(笑)
菊五郎さんが頑張ってます。
ガンドウ返しがあって大ゼリで場面転換してて
お嬢さんにもウケルと思います~(^-^)v
六月歌舞伎座
六月も昼の部に華やかなな大立ち回りがあります。
染五郎さんが芯になっての立ち回りですよ。「新薄雪物語」は和製ロミ×ジュリで、歌舞伎には珍しく子供が犠牲になるのではなく親が子のために犠牲になるお話。基本さえ押さえればお子さんでも大丈夫だと思います。個人的に夜より昼のほうをオススメします。
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




発売中!

kimonohiroba




Google



♪著書♪ 


















kimonotenugui1 
 手ぬぐいとしても、半衿や替え袖
など着物にも使える手ぬぐいです。
詳細・ご購入はコチラから♪→

 






君野倫子のきもの着せかえあそび















SEARCH THIS SITE




ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。